規定

2020年1月改定

2020年 KBCU規定変更
【変更1】
 レースエントリー費用
 -1.非会員の前日練習走行代を一部見直しする

           2019年   →    2020年                  
   チャレンジカップ                      
      非会員:前日練習\2,000/ → \3,000/
  
   
 シリーズ戦
      非会員:前日練習\2,000/日 → \3,000/
  
  -2.実施期間・・・2020年チャレンジカップ第1戦から2020GC最終戦まで

【変更2】
●タイヤ指定
-1.タイヤ指定の目的(2019年より追加変更有り)
  KBCUコース路面攻撃の抑制
  競技のイコールコンディション化
  消耗品費用の抑制 ※追加

KBCUコース走行に於ける使用可能タイヤについての規定は次の通り
  練習走行
イベントレース
チャレンジカップ
シリーズ戦
PL社:ブロッケード、ホールショト     
AKA社:インパクト、グリットアイアン、ダブルダウン
GQ社:デスバレー
※コンパウンド含め国内正規販売品に限る
上記とRTR車はキット標準タイヤの走行可
上記全種と運営事務局に審査の申し出があり、承認を得たもの
   上記 主要メーカー以外のタイヤについては新品の状態でピンの高さが2mm以下の
   タイヤについて、運営事務局に審査の申し出があり、承認を得た者に限り走行を認
めたもの、イベントオーガザイナーが認めたものは当日のみ走行を認める
                         (ビジター参加者への特別処置)
-2.指定タイヤ違反のペナルティ
違反があった場合には該当のレース結果については結果末梢。


-3.指定タイヤ種類の取扱
   ・指定タイヤの種類については、原則毎年見直しを行い、翌シーズンに変更がある
場合、チャレンジカップ第11戦開催前までに告知し、告知後のチャレンジカップ
及び練習走行での使用を認める事とする
ただし、供給メーカーの諸事情、流通トラブル等による指定タイヤの入手困難が
発生した場合はこの限りではない
KBCUシリーズ戦の指定タイヤの選定についてはJMRCA全日本選手権に適合
    することを基本に選定する
   ・シーズン途中の指定タイヤの入手困難が発生した場合は救済処置として指定変更
する場合もある


【変更3】
 チャレンジカップレース形式
  -1.変更理由:GC戦のステップアップカテゴリーを主旨とするが、エントリー減少
     への対応例も鑑み、2020年シーズンは内容見直しを実施する
  -2.実施詳細
    2020
   ・予選・・参加人員を3等分が原則。各組5分間×2Rから3R。
   ・決勝・・勝ち上がりは無しで総合順位で20から30分間程度の決勝方式を
原則とする

 注)エントリー数が少ない場合は、運営側の協議により決勝方式を決定する。

 -3.実施期間・・・2020年チャレンジカップ第1戦から2020年の最終戦まで

【変更4】
 ◎競技違反の項目を競技規則に追加

第11 章 競技違反
11-1 競技違反の対象となる行為 
  
・練習走行及び予、決勝の走行を問わず、他車への故意の走路妨害、接触等の迷惑行為
 (周回遅れ車両が、上位車両を先行させない場合は、走路妨害と見なす事がある)
・ラップタイム短縮につながるコース外走行、ショートカット、逆走行為
・コースマーシャルに協力しない場合
・他の競技者、コースマーシャルを威嚇、危害を加える行為
・大声等による競技者、コースマーシャル、運営スタッフを非難する行為
・その他、競技運営に支障を来す行為や、楽しい競技から逸脱すると判断された行為

11-2 競技違反の判定
  違反対象となる行為と競技審査委員または、競技主催者が判断した場合、及び
  抗議申し出に対し違反と競技審査委員または、競技主催者が確認し、判定した場合


11-3 ペナルティ
  11-1の競技違反の対象となる行為があり、違反と判定された場合は、発生時点の
  全ての走行タイム結果に30秒の加算を行い、再発がなければ以降の加算はしない


 ◎施行日・・・2020年 シリーズ第1戦から規則見直し迄 以降の
          シリーズ戦、チャレンジカップに施行する



0 件のコメント:

コメントを投稿